新橋のセクキャバで遊ぶ前にルール確認!お触りはどこまでOKか?

車にもたれかかる女性前回は新橋のセクキャバに行くならルールを守ろうということで、記事を書かせていただいていました。
今回はその続きです。

下半身は触らない

下半身とは言っても新橋は多数のセクキャバ店が出ているので、お店によってルールが違います。
新橋では店によって太ももまではOKだったり、お尻まではOKだったり、ハードなところはセクキャバなのに指入れOKのお店もあったりなんかします。

これはお店によって違いますので、初めて行くセクキャバのお店ではしっかりと確認しましょう。

ルールを破ってもお客さん相手なので、女の子はそこまで強く注意することはできません。
たまにこれを「嫌がっているふり」と自分の中でいいように解釈してルールを守らないお客さんがいますが、お店にも女の子にも嫌われる行為です。
気持ちはわかりますが、注意されている時点でダメなことをしていると自覚して引き下がりましょう。

ここで引き下がらないお客さんは怖い人に呼ばれて怖い思いをすることになってしまいます。

個人情報を聞こうとする

営業用ではないLINEのIDだったり、住んでいる場所だったりを聞こうとするお客さんはどこにでもいます。しかも初めてのお客さんが特に多いように思えます。

女の子はセクキャバで働いていることを隠すことがほとんどなので、どこからバレるかもしれない初対面の人にいきなり個人情報を渡すというのはありえません。

ついてくれた女の子が可愛くて、サービスもよくて……。となると気持ちはわかりますが、女の子は別にあなたに気があるわけではありません。
プロとして精一杯、自分にできるサービスをしてくれたまでです。

勝手に惚れられても女の子から見れば、数あるお客さんの中の一人にすぎません。

潔く諦めることも大事です。恋愛気分もいいですが、あくまでも店内だけで楽しむようにしましょう。

今回はここまでになります。
ここまで読んでいただき、ありがとうございました。